「現場主義」と「実行力」

narita

「ハウステンボス」で澤田社長の講演がありました。

1992年3月の開業以来、高い知名度にもかかわらず毎年赤字が続き、
2003年には経営破たんに追い込まれ、一時は存続が危ぶまれたこともありまた。

その時「再建請負人」として2010年4月に社長に招聘されたのが、
旅行会社エイチ・アイ・エス創業者である澤田秀雄社長でした。

澤田社長は「数々の企業再建をしてきたが、どんな企業でも99%は再建できる」とおっしゃっていました。
企業はトップで決まり、部門は部長、店舗は店長、すべてトップ次第、人次第。
次に数字をしっかり見れば課題がみつかる。
無駄なコストを2割カットし、その上で売上を2割伸ばせば必ず再建できるというのが澤田社長の考えです。
「すべてはお客様の為に」、バラ園、世界一のイルミネーション、巨大迷路など
次々にオンリーワンの商品を打ち出し毎年進化させ、ディズニーランドなどとも差別化をはかり、
年齢層の高いお客様をしっかりと獲得しています。

その源は澤田社長の現場主義にあるようです。
園内を巡回し、常に改善を繰り返しています。

「現場主義」で、無駄を無くし、お客様の満足を高められる「実行力」が大切ですね。
やります。

2017年5月15日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA