現場力

narita

立派な将来構想でも
それを実行するのは現場以外にない。

お客様の情報は一番現場が持っています。
表情を見て、価格に対して価値の提供が
できているかどうか。

商品は陳腐化していないかなどを
受け止める。

現場からの提案や改善が
経営改善の気づきになるのです。

これは「理念と経営」に載っている文章です。

技術は価格に対しての価値に見合ったものに
なっているか、お客様にとって価値のある
商品になっているか。

常にお店の声を聞き、
確認と改善を常にしていきます。

5月21日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

健康事業

narita

リラクゼーション業協会の理事会でした。

リラクゼーション業協会は、リラクゼーション業界の社会的認知度を高めることを目的とし、お客さまが安心して利用できるサービスの提供・浸透を図り、さらなる健全な発展を目指しています。
リラクゼーション業界に従事する私たちの発展・向上のためでもあります。

私たちは病気まではいかないけども、未病といわれる領域の方々のケアをすることで、国でも推進している健康寿命に貢献できます。

今後、さらに必要とされ、世の中の役にたてるやりがいのある仕事であると、あらためて感じました。

平成29年5月20日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

チャンスの神様

narita

今日は店舗に入りました。
スタッフとも色々話し、気付いたり、感じたり、意見やアドバイスをもらったり。

能力や知識は確かに違いはあると思いますが、
人生そのものを左右する大きな差ではないと思います。

でもうまくいっている人、うまくいってない人がいます。それは何か???
それはすぐに行動する人、時間をかけてゆっくり行動する人、行動しない人。
この差が大きいなと実感しました。

チャンスの神様は後ろ髪がない。前髪つかまないと。
すぐに行動できるように常に練習しとかないとですね!

平成29年5月19日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

「一杯のカフェの力を信じますか?」~バルニバービさんのお話~

narita

27歳自分で立ち上げたアパレル会社で倒産を経験。

30歳で再び企画会社として現在の前身である会社を設立。
34歳で南船場にカフェ1号店をOPEN。30坪で月1500万円売り上げる繁盛店に。

2年後には南船場に2号店をOPEN。
月4000万円を超える伝説の店を創りあげるまでの開業物語…

読みました。
様々な問題を乗り越え、その結果伝説のお店を創っている。
失敗は恐れない。

美味しいものを、より楽しく、より安く、より健康に食べていただくための最大の努力という使命。
ビジョン、魂で人を動かし、同じ目標に向かい、乗り越えたときに喜びを分かち合うこと。

”人生は苦楽しい(クルタノシイと読むそうです)もん”ぼくらが店を作るのは、店を作ること自体が目的ではなく、
あくまでも、自分たちがわくわくするような面白い場所を作りたいのだということ。
自分たちがそうやって楽しめる店にすれば、必ずお客様に楽しんでもらえる。
という信念を持たれています。

また、支えるメンバーの方もすごい。チーム力を感じました。
とても勉強させていただきました。ありがとうございました。

http://www.balnibarbi.com/

 

5月18日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

技術☆

narita

「色々行ったけどベアハグの技術力は高いね」と
言っていただけることがありました。
最高に嬉しいです!!!

整体、エステや接骨院に求めること、何ですかね?

“技術がよい”
“通いやすい場所にある”
“スタッフの対応がよい”
などが上位にくるようですが、
その中でもやはり“技術がよい”が1番求められています。

ベアハグの技術はきつい箇所を中心に全身をほぐすことが基本です。
ただほぐすのではなく、お客様はのつらい箇所を1回のケアでほぐしきることを目標にしています。

そのために、東京スポーツトレーナー学院や本部での技術研修、
店舗での技術勉強会、個別練習などで日々勉強、技術の向上をしています。

これからさらにお客様の健康をとおして社会に貢献できる技術。
専門性を高め、より効果の高いサービスをどんどん提供できるように、
全スタッフで取り組んでいきます!!

宜しくお願い致します。

平成29年5月17日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

成果

narita

日本一の技術、接客、サービス、そうじ、動員活動でお客様に健康を提供することで社会に貢献します。

このビジョンが達成できたとき、
お客様は今よりも満足度が高く、ベアハグに来るたびに毎回喜びがあり、より健康になっていてます。

私たちスタッフは、人間力、仕事力を身につけ日本一のスタッフとなり、
報酬は適正な評価で業界トップ。

全社で売上100億経常利益10億スタッフ2000名。
そんな成果を実現しています。

2017年5月16日
株式会社ベアハグ
取締役社長 成田樹士

「現場主義」と「実行力」

narita

「ハウステンボス」で澤田社長の講演がありました。

1992年3月の開業以来、高い知名度にもかかわらず毎年赤字が続き、
2003年には経営破たんに追い込まれ、一時は存続が危ぶまれたこともありまた。

その時「再建請負人」として2010年4月に社長に招聘されたのが、
旅行会社エイチ・アイ・エス創業者である澤田秀雄社長でした。

澤田社長は「数々の企業再建をしてきたが、どんな企業でも99%は再建できる」とおっしゃっていました。
企業はトップで決まり、部門は部長、店舗は店長、すべてトップ次第、人次第。
次に数字をしっかり見れば課題がみつかる。
無駄なコストを2割カットし、その上で売上を2割伸ばせば必ず再建できるというのが澤田社長の考えです。
「すべてはお客様の為に」、バラ園、世界一のイルミネーション、巨大迷路など
次々にオンリーワンの商品を打ち出し毎年進化させ、ディズニーランドなどとも差別化をはかり、
年齢層の高いお客様をしっかりと獲得しています。

その源は澤田社長の現場主義にあるようです。
園内を巡回し、常に改善を繰り返しています。

「現場主義」で、無駄を無くし、お客様の満足を高められる「実行力」が大切ですね。
やります。

2017年5月15日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

社風

narita

良い社風づくりのポイントは
会社が目指す目標が明確になっており、その目標を社員が理解・納得し、
さらにそれを自分の目標として捉えていることだと学びました。

学び、成長することに喜びを感じ結果、成果にこだわる。
お客様満足を常に考え、お客様満足日本一を目指す。

愛情を中心にそんな社風を全社員一丸となって創っていけたらいいな♪

その為にはコミュニケーションが1番大切だということも学びました!
スタッフのみなさんと直接関わり、話す機会を増やすこと、
一緒に働く機会を増やしていきます。

2017年5月14日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

ベアハグが求める人財像

narita

就活中(2018年卒業予定)の学生さんと話す機会がありました。
学校の成績優秀!自分のやりたいことが明確!!話し方はしっかりしている!!!

私の入社当時と比べると・・・(笑)
感心させられました。

他社さんではどんな人財を求めているのかな?
拝見してみると、
「課題形成・解決能力と対人関係能力」(航空)
「自分で考え行動する個性豊かな人材」(保険)
「指示を待つことなく、自分から何かを創り出していける方。また、自らを向上させていこうとする意欲・姿勢をもった方」(電気機器)
といった感じです。

「事業は人なり」という言葉がありますが、私たちの仕事は人と関わる仕事です。
常に中心は人であり人財で決まります。
「愛情があり人と関わる事が好きな人」
「学ぶことが好きな人」
「明るく前向きな人」
我が社はそんな人財を求めています。
私も説明会や選考会にできる限り参加していく予定です。
学生の皆さん、ぜひ一緒にお話ししましょう!!
たくさんの方にお会いできることを楽しみにしてます!

2017年5月13日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

経営理念

narita

ベアハグの経営理念は「“すべての人に愛情を持って接する”
私たちは手の温もりを通して愛情と健康を与えます。」というものです。

「創業当時、お金も経験もなく、あるのは両親からもらった愛情と健全な精神と健康な身体だけであった。とにかく愛情いっぱいの店にしよう、すべての人に愛情いっぱい接していこうと決めていた。」
ベアハグの経営理念は、この創業の精神から生まれました。
私もしっかりと継承していきます!

ベアハグの「愛情」のテーマは母性愛、父性愛。
子供のころお腹が痛ければお腹を、背中が痛ければ背中を、お母さんお父さんが温かい手でさすってくれましたよね?
そんな温かい手でさすってもらうだけで、なんだか体が急に楽になった経験、皆さんもきっとお持ちだと思います。
愛情いっぱいの「お手当」

お母さん、お父さんのような愛情いっぱいのお出迎え、愛情いっぱいの施術、
そして元気になりますように、仕事がうまくいきますようにという願いを込めたお見送り。

この「愛情」を大切に
いつでも愛情いっぱいのスタッフがベアハグであなたのことをお待ちしています。
今日も1日頑張りましょう

2017年5月12日
株式会社ベアハグ
取締役社長