朝の勉強会

ceoblog2

朝は理念と経営コーチングカレンダーを使った
ディスカッションです。

ごはん屋さんへ行くときは、
味うまさを求める。
でもデートなどで行くときは
雰囲気や気配りを求める。
美容室へ行くときは、
好みの髪型にしてくれる技術力。
という人もいれば髪は短くさっぱりなればいい、
それより店長さんの人柄でいく。
または、通えば通うほど安くなるからいく。

ベアハグへ行くときは、やっぱり技術でしょ。
でも寝たいときもあるし、
話を聞いて欲しいときもある。
そういうの察知してほしいなどなど。

体の状態やシュチュエーション、
その日の前後の予定などによって
求めることは様々だし日によって変化しますね。

お客様の状態、今日の感じを
しっかりと把握できるように、
ベアハグでは「みる、きく、ふれる」ことを
徹底しています。

そしてお客様が求めていることに
しっかりと応えられるように
常に技術、接客、サービス、そうじ、動員活動と
5つの活動「五大活動」に分けて
向上させられるように取り組んでいます。

2017年6月10日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

歴史を残す

ceoblog2

新しい発想と行動力で
グローバル展開をし続ける
アジア最大の医療歯科徳真会グループ。

これまでの常識に
とらわれないクリニックを展開し、
「医療は人なり」を理念に人創り、
組織創りに力を入れています。

クリニック、ラボ、マネジメントに分け
それぞれに強い組織を作っている。
これだけの組織のマネジメント
お客様満足と従業員満足を勉強になりました。

継続の力も話されていました。
十年偉大なり、二十年恐るべし、
三十年歴史を創る、四十年人を残し、
五十年歴史をのこす。

2017年6月9日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

お出迎え

ceoblog2

初めての入る飲食店。
人は出会って何秒で判断しているなど聞きますが、
お店の入口がキレイかどうか。雰囲気。
そしてお出迎えしてくれるスタッフの笑顔、服装、姿勢、清潔感。食事する前から満足してしまっていました。
お出迎えだけでぐっとハードルが下がります。これで料理がおいしいから大満足。
どおりでお客様が入っています。お出迎えはとても大事だなあと思いました。
平成29年6月6日
株式会社ベアハグ
成田樹士

本気でほめる!

narita

人間関係の構築や、人財育成において
ほめることは重要ですね。

しかる回数のほうが多くなりがちですが。

人は誰でも「認められたい」という
願望を持っているそうです。

当社の人事理念「人間観」の中にも、
すべての人は、愛されたいと願っています。
すべての人は、必要とされたいと願っています。
すべての人は、みんなと仲良くしたいと
願っています。
という一文があります。

認める(ほめる)ことで大きく
人間関係が変わってくるようです。

ほめること。なかなか難しいです。

お世辞や口先だけではやはり逆効果です。
人をほめることができるようになるためには、
本当の意味で相手のことを思うこと、
愛情が必要です。
皆さんは本気でほめたこと、
ほめられたこといつ頃ですかね?

これが、お客様、家族、職場で
できるように頑張ります。

平成29年6月4日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

その場で一番立場の弱い人に配慮する

narita

月間理念と経営6月号の一文です。
高倉健さんの映画ロケ。
ロケにはエキストラが大勢参加していた。
子役もいた。
その場には高倉さんをはじめ、
有名俳優、女優もいた。

そういうとき、高倉さんが声をかけたり、
椅子を持って行って「座ったらどう」と
すすめるのは子役であり、エキストラだった。

より多くの時間を無名の人々との
交流に当てていた。
しかも一度ではない。
映画のロケ現場では毎回、
同じことをやっていた。

かっこいいです。高倉健さん。
配慮、気配り心配りのできる人に
なりたいですね。

2017年6月1日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

本物の経営とは

narita

松下幸之助の名代として
東方電機(のちの松下電送)代表取締役に就任し
同社を世界ーのファクシミリ専門メーカーに育てあげた実績を持つ
パナソニック株式会社終身客員木野親之先生から言われた言葉。

「どれだけいいこと言っても
経営は結果を出さないと本物ではない。
儲かっていないのは偽物。
儲かっていない経営者、
会社は信用もされない。」

利益を生み出せない経営は、
社会に何らの貢献をしていないということであり、
本来の使命を果たしていない姿である。
「赤字は罪悪」といってよい。

お客様に健康を提供することで世の中に貢献すること。
そして結果を出すことですね。

5月31日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

自分の身近な人から大事にする

narita

自分を大事にする。
まずは自分が良い状態でなければ
人を大事にできません。

そして、自分と最も近い存在である
自分の親、家族を大事にする。
これが基本であり、それができる人が
目の前のお客様を
本当に大事にすることができ、
一緒に働く仲間を本気で大事にすることが
できるのだと学びました。

幸せになる秘訣です。

身近な存在からちゃんと愛情与え、器を大きくし、
すべての人にを愛情もって接することの
きる人を目指します。

5月30日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

どっち派?!

narita

やり方を完璧にしてからやり場を与える育成と、
やり場を与えてからやり方を完璧にしていく育成。

前者だけに固執をして、
うまくいかず悩んでいる方がいました。
失敗を無くさせようとする関わり。。。
部下の方が毎回、先に参ってしまうようです。

どちらの育成の考え方もあると思うし、
人によって変えていく必要が
あるのかもしれないが、
私は後者で育ててもらっています。

ベアハグの部長さん、店長さんに
聞いても後者と感じているほうが9割です。

まずは一緒に結果を作ってあげる。
これが母性愛、父性愛ですかね。

5月28日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

ベアハグの愛情

narita

「あなたが私のことを嫌いでも
私はあなたのことが大好きです。」

ベアハグで大切にしている言葉であり
愛情を具言化したものです。
子供の頃、親に嘘をついたり、
反抗期に悪態をついたり。
しかし私が何をしても親のスタンスは
決して変わりませんでした。
私のことを叱ろうが何をしようが
私のことを大好きだと一貫していました。

他人が自分のことを好きか嫌いか
考えてもしょうがないし、
本当のところはわかりません。
そして相手も自分が相手のことを
どう思ってるのかを考えいることが多いです。

ベアハグの愛情は母性愛、父性愛。
自分から「あなたのことが大好きです」と
言ってしまったほうが人生や人間関係が
うまくいくとおもいます。

ベアハグで受け継ぐべき大切な言葉のひとつです。

5月27日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士

最高に嬉しいこと

narita

嬉しい電話がありました。

知り合いYさんから電話があり、
「奥さんの腰が悪くて渋谷道玄坂店に行かせたら、
店長さんがとても上手くてすごく良くなったみたい。
感動してるよ。
今日も予約入れてるみたいだからお願いね」

店長さんに電話をしてすぐに伝えました。
店長さんもとても喜んでいました。

私も人に何か紹介するときは、
信頼していないとなかなか紹介はできません。

だからベアハグに身内の方や大切な方を
ご紹介していただくということは、
最高に嬉しいことです。

紹介したくなる会社、紹介したくなる店舗。
信用、信頼していただけるように頑張ります。

5月26日
株式会社ベアハグ
取締役社長成田樹士