付加価値

narita

田舞塾のケースでした。
テーマは差別化戦略。最大のポイントは、顧客に注目すること。
付加価値をつけるにしても、付加価値を削るにしても「それを顧客が求めているか」。
これがすべてといってもいいかもしれません。

売り手がいくら大切だと思っている付加価値も、
顧客がいらないといえば、いらないということ。
吸引力に特化したダイソン。
カットに特化したQBハウス。

どんな付加価値を付けるのか。
それを顧客は求めているのか。
付加価値に対して価格に反映させる。

人生100年時代愛情を持って人に関わる事業を創造し、挑戦しつづけます。
商品コンセプトは
100年人生をケアするスペシャリスト。

愛情もって100%完全治療。
そこにコミットする宣言でご満足いただけなければ無償やり直し。
お待たせしない。
顧客が求めているスタッフのスキルに対してスタッフスターランクの制度。
明るく元気な店舗。

さらに求めている価値、求めていない価値を聞けるように
お客様の声を集めるキャンペーンを実施します。

平成30年6月11日
株式会社ベアハグ
代表取締役 成田樹士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA