話をする、話を聞く

narita

みんなが気持ちよく働くことが成果につながる。

上司のやるべきことは
「ちゃんとかまってあげること」
「話をすること」
スタッフさんの能力ややる気を発揮してもらうこと。

1日1回とか、1週間に1回とか、

話す回数を増やす。ちゃんと話をすること。

どういうことを考えてるのか、どんな手助けを求めてるのか、聞いてあげること。

それだけでもスタッフさんは気持ち良く働けるようになる。

たまにだけ話すのじゃなく、
続けることで、だんだん良くなってくる。

「ちゃんと話をする」それだけで、安心して、力を発揮しようとやる気が湧いてくる。

きちんと話を聞く、話をする回数を増やすことどんどんしていきます。

平成29年12月30日
株式会社ベアハグ
代表取締役 成田樹士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA