『縁』

narita

「縁」を大事にできているか。

身近にいてくれる人
来店していただくお客様
出会った人、出会う人に

愛情もって接すること。
相手がうまくいくように関わること。
一人ひとりを大切に、自分のできる全力で接すること。

やっぱりこれが基本。
そうなれるように頑張ろう。反省です。

私たちは『縁を活かさなければならない』

どんなに縁を大切にしていても
『相手から縁を切られる』場合はあります。

しかし『自分から縁を切ってはならない』

私たちは縁によって『成功する人』になるのです。

小才は、縁に出合って縁に気づかず
中才は、縁に気づいて縁を生かさず
大才は、袖すり合った縁をも生かす

才能が乏しい人間は『縁に出合っても縁に気づかず』

毎日沢山の人と出会う私たちですが、
その出会いの意味に気がつかない者を『小才』と呼びました。

才能が多少ある人間は『縁に気づくが縁を活かさない』

少し才能がある人間は縁の大切さ、縁の不思議に気がつくけれど
大切にしようと実践しない。
頭でいくら理解しても実践できなければ意味はありません。
縁を活かすことができない者を『中才』と呼びました。

本当に才能がある人間は『袖すり合った縁に感謝し、この出会いを活かす』

才能がある人間は些細な出会いでも
『一期一会』と思い、自分のできる全力で接する。

その心は相手を魅了し、些細な縁から大きな出会いへと変えていく。

そんな縁を活かす者を『大才』と呼びました。

平成29年11月26日
取締役社長
成田樹士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA