準備8割仕上げが2割

narita

準備8割仕上げが2割。

お客様が来店される前に、8割は結果が決まっているということです。

常日頃の技術の鍛錬はしっかりとしていても、
オープン前やお客様の来店前の準備を怠ると結果は残せません。

受付周り、施術室、トイレは清潔な状態になっているか、
備品、アメニティの不足はないか、お客様の情報共有ができているのか。

お客様が来店されてからバタバタしたり、
お客様から「靴べらが無い」など指摘されることが目立つように感じます。

準備8割仕上げが2割。
今日はどうやってお客様を満足させるのか。準備を整えて挑みましょう!!

平成29年9月29日
取締役社長成田樹士

お金の使い方

narita

事業で得た利益をどのように使うのか。

例えば100万円の利益があったら
利益の半分50万円は貯蓄。
残った50万円の内の半分25万円は
スタッフさんの教育、店舗、内装、備品の修繕など現状のコストに使う。

残りの25万円は採用、新業態、新店舗の出店、新商品、新サービスなど
この先、未来への投資に使う。

強い会社を作るためには、お金を残すことが重要です。
キャッシュが流出するだけの「浪費」をなくして、
その分を「貯蓄と投資」に回していくことです。

「投資」というのは、設備投資はもちろん、
より幅広く、会社を強くするための活動全般です。

10年、20年先にも会社が存続していけるために、
貯蓄、先行投資は極めて重要です。

「浪費」を減らして「貯蓄と投資」に回す。
これを継続できれば、時代の変化にも対応できる強い会社を創れます。

個人でも給料を全部使うのではなく、
例えば20万円の給料であれば2万円の利益を残し、半分の1万円を貯蓄。
5千円を現在のコスト。残りの5千円を未来への投資。
というような習慣をつけていきましょう。

平成29年9月28日
取締役社長成田樹士

経営革新とは。。。

narita

どう経営革新していくのか。
どう経営理念を浸透させるのか。

経営戦略、マーケティングはできているか。
いかに業績アップ、増益するか。
人財育成をどのようにしていくか。
組織、社風をどのようにしていくのか。
リーダーシップはとれているか。
コア・コンピタンスは構築できているか。

社長、幹部はこれらを常に考え、
会社、部門、店舗でどんどん形ににしていく必要がありますね。

平成29年9月27日
取締役社長成田樹士

100%全力で

narita

ベアハグの施術は100%完全に取りきること。
お客様を不満の状態で帰さない。
そのために、施術後しっかりと確認をします。

お客様は痛みやコリが残っていても言いづらいものです。
しっかり聞き出し、愛情込めて取りきります。
取りきる技術を身につけ、取りきる方法を考える。

時間から時間でただもみほぐすのではなく、
私たちの仕事はお客様の悩みを解決することです。

平成29年9月20日
取締役社長 成田樹士